「モリカケ」や「国会運営批判」ばかりの野党や評論家が理解できない『安倍政権が支持される簡単な理由』とは 

1サンキュー! ★2018/08/08(水) 12:44:20.15ID:CAP_USER9
興味深いのは朝日調査によれば、この6年で自民支持層の支持率を安倍氏が石破氏を大きく逆転したことです。

朝日の記事より。

2012年の総裁選では、石破氏が地方票で安倍首相を上回ったものの、決選投票で国会議員票を集めた安倍首相が逆転。
このときの同様の調査では、自民支持層で石破氏が27%と安倍首相の18%を上回っており、この6年間で安倍首相が逆転した形だ。

もちろん自民支持層=自民党員という等式は成り立ちませんが、
今度の自民党総裁選で安倍首相3選が「盤石」(朝日記事)と予想されるのは、国会議員票、
党員票共にライバルを圧倒する大量票を得るだろうことです。

■ではなぜ、安倍政権は高い支持率なのでしょうか?

安倍政権を批判する野党や一部メディアは、モリカケ問題やあるいは今国会での2つの重要法案、
統合型リゾート(IR)法案いわゆるカジノ法案と、参院を6議席増加させる公職選挙法改正案の採決など、

政権のすることをことごとく批判しますが、安倍政権支持層にはその批判は全く響いていません。

モリもカケもたしかに安倍政権側に対応のまずさはあったことでしょう。
たしかに、カジノ法案も公職選挙法改正案も強行採決はいただけません、もう少し議論をすべきだったと思います。

しかし田原総一郎氏は「国民の声を無視する安倍政権、それでもなぜ支持率が下がらないのか?」「理解しがたい」と不思議がっていますが、
安倍政権支持層の視点での分析がされていません。

政権支持層は、モリもカケも強行採決もケシカランとは思ってはいても、そこに政策の優先順位を見出してはいません、
表現は悪いですがすべて国家運営にとって小さなことなのです。

例えば7月の産経世論調査では自民党支持層では、安倍政権の外交政策を72・1%が支持しておるのです。

自民党支持層が安倍政権を安定的に支持し続ける理由は、経済政策と共に、その外交政策にあります。
この6年間の安倍外交を高く支持しているのです。

安倍さんにかわりトランプ米大統領や北朝鮮や中国に上手に対峙できる政治家を見いだせないのです。
簡単な理由です。

ところが、モリやカケや国会運営や安倍政権の批判ばかりしている野党や評論家には、
どうやらこの簡単な自民支持者の安倍政権支持理由が見えないようなのです。

興味深いことです。
簡単な安倍政権の支持理由が理解できない(だから民意と乖離してしまうのかも)、野党や一部評論家なのでした。http://blogos.com/article/316297/

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →

【国民連合政府?】共産党小池氏「市民と野党の共闘で安倍政権を終わりにしよう!」 山口二郎氏「目指すのは国民連合政府しかない」

1Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★2018/08/08(水) 11:17:09.89ID:CAP_USER9
◆市民と野党の「本気の共闘」で安倍政権を終わりにしよう
https://www.youtube.com/watch?v=uWSj3qdKYxs

山口二郎「安保法制が成立をした直後に志位さんが国民連合政府っていう提案を打ち出して目指すのはこれしかない」

山口二郎「日本のメディアは野党に対しては冷たい。対立するとこだけクローズアップするが議事録をちゃんと読んでみれば通常国会における野党の追及は的確なものが多かった。安倍政府の答弁の酷さ。言葉の意味をねじまげた。極めつけは安倍さんの賄賂をもらってたら辞めるってめちゃくちゃな逃げを打つ。普通の日本人の感覚ではありえない。みっともない。卑怯」

山口二郎「論理とか法律の枠組みを為政者の好きなようにねじまげることが平気だっていうのは安倍政権から始まった。憲法をねじまげるわけですから、国会で嘘をつくとか公文書を書き換えるとかへっちゃらになったんですよね。こういう政治は一回止める。常識あるいはルールにもとづく政治を回復していく。市民野党協力の最大の目的」

小池晃「共産党が内閣に入ったら政府としては国民的な合意になるまでは自衛隊は違憲ではないと整理」

◆小池晃 @koike_akira 午後7:57 2018年8月7日

8時から「とことん共産党」
なんと、法政大学教授で「市民連合」呼びかけ人の山口二郎さんが!
市民と野党の「本気の共闘」で安倍政権を終わりにしよう。
始まりまーす。

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →

【朝日新聞AERA】田原総一朗「来年は間違いなく景気は悪くなる」「自民党が負ける可能性がある」「安倍首相が辞任する。そして石破氏が…」

1(^ェ^) ★2018/08/08(水) 08:07:30.02ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180807-00000047-sasahi-pol

9月に行われる自民党総裁選。安倍晋三首相優勢の報道が流れるが、自民党OBの元大ボスが、石破茂・元幹事長を推す動きを見せているという。ジャーナリストの田原総一朗氏が、その理由を読み解く。

*  *  *
“今回の総裁選に出馬せず、安倍首相を中心に政治課題への取り組みを進めることが日本の安定にとって適切な対応と判断した”

7月24日午後5時すぎ、自民党の岸田文雄政調会長は、派閥事務所で行った記者会見で総裁選不出馬を表明した。

岸田氏は石破茂氏や野田聖子氏と並んで、9月の総裁選に出馬するのではないか、と見られていたので、これで安倍首相の3選は決まったかに思えた。

実は野田氏も、情報公開請求に関する不手際もあって、総裁選出馬のめどはついていないのである。

そして、すでに安倍首相支持を固めている細田派94人、麻生派59人、二階派44人に加え、さらに岸田派48人が安倍首相支持を固めると、自民党国会議員の6割となり、石破氏の勝ち目はなさそうだ。

ところが8月になって、竹下派の参議院議員21人が石破支持にまわりそうだ、という情報が出回り、自民党の幹部たちがざわめいている。

どうやら、7月25日に自民党OBの青木幹雄氏が、竹下派で参議院幹事長である吉田博美氏に会って、“石破に投票せよ”と求めた、ということのようである。もちろん、吉田氏は、その場で“求めに応じる”と答えたわけではないようだが、派閥の長である竹下亘氏も、青木氏の求めに応じる気配である。

青木氏は、現役時代は自民党参議院議員会長で、自民党の大ボスであった。そして引退後も竹下派には強い影響力を持ち続けているようだ。

そして青木氏は、気分や感情で動く人物ではない。現役時代から確たる戦略を持って動き、また何度も成功させた。だからこそ、自民党の大ボスになったのである。だから、今回の青木氏の動きも、気分や感情であるはずがない。

それでは、どのようなことを目論んでいるのだろうか。

一つには、党員票を狙っているのではないか、という見方もある。

私が若かったころ、自民党には主流派、反主流派、非主流派があり、その論争には迫力があった。自民党の首相が辞任するのは野党との闘いではなく、党内での闘いに敗れたためであった。だが、小選挙区制になったことで、執行部の反感を買うと公認されなくなり、自民党議員はほとんどが安倍首相のイエスマンになってしまった。

だが、党員には執行部の縛りはない。それに、安倍首相の支持率は各紙とも40%前後だが、実は各紙とも不支持率のほうが支持率よりも高いのである。

党員の中には当然、安倍内閣不支持も少なくないはずである。実は2012年9月の総裁選で、党員票では石破氏が165票を獲得し、安倍氏は87票に過ぎなかった。だからこそ、党幹部たちはざわめいているのである。だが、青木氏はこのような曖昧な目論見では動かないはずだ。

私は、青木氏は来年の参議院選挙を考えているのではないか、と思う。

来年は間違いなく景気は悪くなる。それに消費税を上げざるを得ず、金利も上がる。そして、政権選択の選挙ではないので、野党は一本化しやすい。さらに、国民の中に安倍自民党にお灸をすえようという気持ちが湧き、自民党が負ける可能性がある。そのときに安倍首相が辞任する。そして石破氏が……。このあたりを、青木氏はどのように推し量っているのだろうか。

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →

【パヨクの暴力】「軍隊は暴力だ!反対するのは暴力ではない!」「小役人に用はない!」と怒号…  沖縄防衛局を占拠した平和活動家が防衛局職員らに体当たり

1 ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [JP]2018/08/08(水) 07:54:43.36ID:L8Esr5Qz0

辺野古反対派が政府庁舎で座り込み 防衛局職員に体当たり「小役人に用はない!」

沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の米軍普天間飛行場を名護市辺野古に移設する計画に反対する活動家らが7日、沖縄防衛局(嘉手納町)で8時間以上にわたり座り込みを行い、庁舎の玄関を占拠した。
出入りする防衛局職員らに体当たりするなどし、沖縄県警嘉手納署が強制排除に乗り出したのを受けて自主的に退去した。

座りを込みを行ったのは、山内徳信元参院議員や市民団体幹部ら60人以上の辺野古移設反対派。
沖縄防衛局長と反対派全員との面会を申し込んだところ、防衛局側が代表者5人に絞るよう求めたことに反発し、庁舎玄関に座り込んだ。
立ち退きを求める職員らに対し、反対派らは「小役人に用はない」「軍隊は暴力だから、それに反対するのは暴力ではない」などと怒号を上げた。

要請書では、沖縄県が辺野古埋め立て承認を撤回するため予定している9日の聴聞に応じるよう求めた。
政府は準備期間が必要として、聴聞の期日を9月3日以降に延期することを求めている。
反対派は8日も午前7時に庁舎前に集合し、全員が庁舎内に入った上で要請書を手渡すことを求める方針。

http://www.sankei.com/politics/news/180807/plt1808070024-n1.html

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →

【あっ…】石破茂さん「中国、韓国、アジアの国々に配意してきたのが竹下派の政策の伝統」「政策の近似性が重要」と竹下派への期待語る

1おでん ★2018/08/07(火) 20:18:43.48ID:CAP_USER9
(党総裁選で石破氏の支持に向けた意見集約を進めている竹下派への期待を問われ)

もし(支持の)決定をいただけたら、これほどありがたいこともないし、困難な中でそういう決断をしていただけたとするならば、
その思いに全身全霊で応える義務はある。

冷や飯を食わせるとか、干してやるとか、いろいろとおどろおどろしい話がありますが、そんなバカなことがあるかと。
自民党の中でいろんな意見があるのは当たり前だ。

やっぱり政策の近似性だと思う。平成研(竹下派)の伝統として、田舎、地方を大事にしよう、
経済成長は必要だが財政の規律だって必要だ、という考え方を持ってきた。

あるいは歴史観や外交観について、日米同盟を基軸としつつも、
中国、韓国、アジアの国々に配意してきたのが平成研の政策の伝統ではないか。
私も以前、平成研で政策を担当したことがあるが、そういうものだと思う。

仮にご一緒にやらせていただくことがあれば、政策の近似性が重要な要素になる。(長野県茅野市で記者団に)

https://www.asahi.com/articles/ASL875G7SL87UTFK00V.html

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →