【おま‥】立憲民主党・辻元「麻生大臣は普通の会社ならクビ!」=NHK

1名無しさん@涙目です。(四国地方) [US]2018/05/09(水) 13:16:18.64ID:NikYkdA20

国会審議に復帰した立憲民主党など野党側の国会対策委員長が会談し、財務省の決裁文書の改ざん
などで麻生副総理兼財務大臣の辞任を求めるなど、引き続き行政をめぐる一連の問題について、
政府を追及していく方針を確認しました。

会談には、8日から国会審議に復帰した立憲民主党など野党5党と衆議院の会派「無所属の会」の
国会対策委員長が出席し、国民民主党の結成後も引き続き国会対応で連携していくことで一致しました。

そのうえで財務省の決裁文書の改ざんで麻生副総理兼財務大臣が「個人の資質が大きかったのでは
ないか」と述べたことなどを受けて、麻生大臣の辞任を求めるなど、引き続き行政をめぐる一連の
問題について、政府を追及していく方針を確認しました。

また安倍総理大臣と野党の党首による「党首討論」について、1回の開催時間が45分となっている
ことから、開催時間を増やすよう与党側に求めていくことで一致しました。

立憲民主党の辻元国会対策委員長は記者団に対し「麻生大臣は、自分の置かれている立場や財務省
への厳しい声を理解しておらず、ご自身の名誉のためにも身を引かれたほうがいい。普通の会社
ならクビだ」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011431811000.html

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →

【酷い印象操作】麻生「セクハラ罪という罪はない」 → マスゴミ「セクハラ罪はない発言!!セクハラごときと思っているのか」「非常識だ!辞任しろ」とまた発言を捻じ曲げ印象操作wwwwwwwwwwwwwww

1 ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ZA]2018/05/09(水) 08:41:07.91ID:sJVv4EWt0

朝日新聞
(社説)麻生発言 なぜ首相は黙っている
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13484671.html
きのうも麻生氏は会見で、先週と同じく「セクハラ罪という罪はない」とくり返した。

いったい何が言いたいのか。
問われているのは前次官が刑法犯にあたるかどうかではない。
人間としての規範をどう考え、それを踏みにじる行為があったと疑われたとき、いかなる態度でのぞむかということだ。

この認識が麻生氏には完全に欠けている。セクハラごときで大騒ぎするな――。
そう考えているとしか思えない。

だから被害者への配慮のかけらもない振る舞いを、平然と重ねられるのだろう。

毎日新聞
社説「セクハラ罪はない」発言 麻生氏の非常識いつまで
https://mainichi.jp/articles/20180508/ddm/005/070/172000c

いずれにしても麻生氏の発言は根本的に間違っていると言っていい。

質問する記者を時に威圧しながら、こうした持論を繰り返す麻生氏に安倍晋三首相が何ら注意をしない点も見逃せない。

このまま放置すれば、「女性の活躍をうたいながらセクハラに寛容な安倍首相と自民党」という見方が定着するだろう。

琉球新報
<社説>「セクハラ罪ない」 麻生財務相は辞任せよ
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-715120.html
セクハラは大したことではないと考えているのだろうか。
力関係を背景に弱い立場の人に対し不快な思いをさせればセクハラだ。明らかに人権侵害である。

麻生氏の発言は、セクハラの被害者を傷つけるものであり、見過ごすことはできない。
発言の撤回を求めるとともに、責任を取って大臣を辞任すべきだ。

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →

【元民進党】小西議員、暴言問題の自衛隊員訓戒処分について「文民統制を否定する暴挙という認識ができていない。防衛相や統合幕僚長は辞任しろ!」

1名無しさん@涙目です。(四国地方) [US]2018/05/08(火) 22:06:58.90ID:18LJ2P9A0
防衛省統合幕僚監部の3等空佐が訓戒処分になったことに関し、暴言を浴びせられた小西洋之参院議員
は8日、国会内で取材に応じ「文民統制を否定する暴挙だという認識が、防衛省の最終報告からは読み
取れない。絶対に許される行為ではなく、再発防止策をしっかり監督していきたい」と述べ、同省の
対応を厳しく批判した。

3佐は、安全保障関連法制を巡る小西氏の姿勢に反発したのが暴言の引き金だったとしている。
小西氏は「防衛相に質問するのは、国会議員による究極の文民統制だ」と指摘。「それを否定する暴言
だと認めなければ、自衛隊は成り立ち得ない」として、防衛相や統合幕僚長の辞任も求めた。

https://this.kiji.is/366568802760475745

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →

【マスコミだんまり】国民民主党の裏で…1日で消えた『国民党』超短命政党、その理由と資金移動の手口とは

1nita ★2018/05/08(火) 19:47:11.85ID:CAP_USER9
2018/5/ 8 18:12

希望の党と民進党が合流して「国民民主党」が発足する裏で「中継ぎ」としてわずか1日だけ存在した政党があった。その名も「国民党」。国民党は希望の党が分裂する形で立ち上がり、同じ日のうちに解散。民進党から名前を変えた国民民主党に合併した。

この超短命政党「国民党」は、国民民主党の略称「国民党」とは別物だ。何とも複雑な話だが、その狙いはどこにあるのか。

「国民党」は解散した旧「希望の党」が分割されて発足し、1日で解散して「国民民主党」に合流した

・解散して「分割」すれば議員数に応じて配分できる

総務省では2018年5月7日から8日にかけて、政党や政治団体の届け出や解散に関する発表が相次いだ。玉木雄一郎衆院議員が代表を務めていた希望の党は、5月7日、同日付で解散を届け出た。その理由は「分割によって解散したため」。旧希望の党は、松沢成文参院議員が代表を務める希望の党と、玉木雄一郎衆院議員が代表の国民党に分割され、それぞれ5月8日、5月7日に発足を届け出た。

民進党は5月7日に国民民主党に名称変更を届け出る一方で、国民党は同日付で解散を届け出た。理由は「合併によって解散したため」で、合併先は国民民主党だ。

政党助成法の規定では、仮にA党から一部のメンバーが抜け、B党として「分派」する場合は、A党が受け取る政党助成金は引き続きA党が全額を受け取り、B党は受け取ることができない。これに対して、A党が解散してB党とC党に「分割」されるパターンでは、単純に議員数に応じてB党とC党に配分される。松沢氏の希望の党と玉木氏の「国民党」はまさにこのパターンで、旧希望の党の助成金を人数に応じて配分できる。

交付額は旧希望が30億、旧民進が36億

さらに、A党を存続政党として、そこに解散したB党が合併した場合は、A党とB党の交付額を足した分を受け取れる。つまり、国民民主党は、「旧希望の党の大部分+旧民進党」への交付分を受け取れることになる。

総務省の4月2日の発表によると、18年分の政党交付金の交付額は、希望の党が30億4295万4000円、民進党が35億6959万9000円。なお、立憲民主党は27億6430万3000円だ。4月、7月、10月、12月の4回に分けて交付され、初回は4月20日に支払われている。

これとは別に、地方に強い基盤を持たない玉木氏のグループからすると、旧民進党の地方組織を活用できるという利点もある。

なお、16年3月に民進党が発足した際も、民主党が民進党に名称変更し、そこに「合併によって解散」した維新の党のメンバーが合流している。17年9~10月に希望の党や立憲民主党が発足した際は、政党としての民進党は分割されていない。

https://www.j-cast.com/2018/05/08328010.html

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

 

続きを読む →

【未だ疑惑の証拠なし】国民民主党・泉健太「疑惑解明の責任は与党にある。野党は探偵でも捜査機関でもない!」=朝日新聞

1名無しさん@涙目です。(大阪府) [US]2018/05/08(火) 19:04:58.25ID:/x1thNFs0

■泉健太・国民民主党国対委員長(発言録)

(国会対応をめぐり)疑惑解明の責任は与党にある。謎を明かせない探偵が悪いんじゃなくて、起こってしまった事件
が悪いんです。野党は決して探偵でも捜査機関でもなくて、本来は事態を起こしてしまった側に責任があるんだとい
うことで言えば、我々は最大限その解明に努力はしたいと思いますが、まずは与党に疑惑の解明なり、再発防止の
ためにどう取り組むかの責任がある。

野党は数も少ないし、野党の言ったことを全部与党が受け入れてくれるわけではないので、野党の追及力に限界は
ある。でもその限界を野党のせい、野党の力不足ということで片づけるのではなくて、むしろその限界をつくっている
のは与党だということをご理解頂きたい。(国会内での記者会見で)

https://www.asahi.com/articles/ASL5854Z1L58UTFK011.html?iref=comtop_list_pol_n01

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →