中国政府「日本のODA貢献報じよ」共産党・政府系メディアに対し指示 中国が日中友好ムードアピールへ

1ばーど ★2018/10/23(火) 19:08:16.83ID:CAP_USER9
【北京共同】安倍晋三首相の25日からの訪中を控え、中国政府が共産党・政府系メディアに対し、中国の経済発展に対する日本の政府開発援助(ODA)の貢献を積極的に報じるよう指導したことが23日、分かった。宣伝当局に近い関係者が明らかにした。日本による援助が中国で強調されることはまれで、日本で不満の声も出ていた。

日中両国は同日、平和友好条約の発効40周年を迎え、習近平指導部は友好ムードを前面に押し出す方針だ。

関係者によると、中国の外交当局は先週、報道機関の関係者を集めた会合で、「日本は中国の発展の貢献者だ」として、日本の援助を前向きに伝えるよう促した。

2018/10/23 18:35
共同通信
https://this.kiji.is/427400260206216289

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →

40年続いた中国へのODA終了へ 世界2位の経済大国への援助に疑問

1名無しさん@涙目です。(四国地方) [US]2018/10/23(火) 06:23:06.02ID:FRjODxgJ0

日中両政府は、日本がおよそ40年にわたって続けてきた中国に対するODA=政府開発援助を、今年度の新規案件を最後に終了することになりました。今後は対等な立場で新たな協力方法を話し合う「開発協力対話」を立ち上げ、途上国支援などで連携を図ることにしています。

日本の対中ODAは中国が改革開放政策を打ち出した翌年の1979年から始まり、有償資金協力の円借款や無償の資金協力、それに技術協力を通じて、合わせて3兆円以上を供与し、中国の経済成長を支えてきました。

円借款と金額の大きな無償資金協力の新規供与はすでに終了していますが、日中両政府は今回の安倍総理大臣の中国訪問に合わせて、このほかの無償資金協力と技術協力についても今年度の新規案件を最後に終了することになりました。

安倍総理大臣が今月26日の李克強首相との首脳会談で提案して理解を得る見通しです。

対中ODAは、道路や発電所といったインフラ整備のほか、環境対策や人材育成など幅広い分野で活用され、日中の協力関係を支える大きな柱となってきましたが、中国が日本を抜いて世界2位の経済大国となる中、日本国内で対中ODAを疑問視する声が高まっていました。

日中両政府としては今後対等な立場で第三国でのインフラ整備などを話し合いたい考えで、新たに「開発協力対話」を立ち上げ、途上国支援などで連携を図ることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181023/k10011681541000.html

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →

【炎上?】マスコミ「麻生大臣が不適切発言!医療費負担『あほらしい』に同調。批判が出る可能性があります!!!」 → 発言内容全文を読むと・・・

1名無しさん@涙目です。(新潟県) [NZ]2018/10/23(火) 13:53:05.41ID:CE0tOWBw0

麻生氏が不適切発言=医療費負担「あほらしい」に同調
10/23(火) 12:47配信 時事通信

麻生太郎財務相は23日の閣議後の記者会見で、不摂生が理由で病気になった人の医療費を健康のために努力している人が
負担するのは「あほらしい」と指摘した知人の発言を紹介した上で、「いいことを言う」と同調した。

健康維持の必要性を訴える趣旨とみられるが、病気になった人に対する心ない表現として批判が出る可能性がある。

麻生氏の発言は、政府が検討している予防医療推進に関する質問への答えの中で飛び出した。
78歳の麻生氏は「病院で世話になったことはほとんどない」と強調。生活習慣の乱れで自ら病気を招いた人の医療費を
負担するのは不公平との考えをにじませた。

ただ麻生氏は「人間は生まれつきがある。一概に言える簡単な話ではない」とも語り、やむを得ない事情で病気になった人の
医療費を保険制度で賄うことに理解を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000046-jij-pol

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →

【NHK&朝日新聞】NHKがドラマ「フェイクニュース」でネットを敵に必死すぎる件

1名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN]2018/10/23(火) 08:34:57.55ID:50II73go0

「逃げるは恥だが役に立つ」や、現在放送中の「獣になれない私たち」で話題の脚本家・
野木亜紀子さんが、報道をテーマにNHKドラマ「フェイクニュース」を書いた。新興のネットメディアを
舞台に、1本のツイートから始まる騒動を描いた前編(20日放送)は、一つのニュースの周りで
うごめく思惑をテンポ良く多面的に描き、SNS上の反応も上々だ。最近は恋愛ドラマのイメージが
強い野木さんだが、実はそれほど好きなわけではないという。放送を前に報道陣の取材に応じた
野木さんは、このドラマがNHKとのある「すれ違い」から生まれたことを明かした。

制作のきっかけは、野木さんのもとに見知らぬ人から届いた長い長いメールだった。「NHKで
オリジナルドラマをやりませんか」。送り主はNHKの北野拓プロデューサー(31)。多忙のため、
野木さんはふだん、依頼相手に会うことなく仕事を断ることも多い。でも今回は会うことにした。

「名のある脚本家を連れてこないと企画が通らないっぽい、というすごく身もふたもないメールだった」が、
「あまりの長文とあまりの必死感がなんかすごくて。なぜ一緒に仕事をしたいのかとか、僕がNHKを
変えていきたい、みたいな決意。ああ、なんか面白いな」と思ったからだ。

だが喫茶店で会ってみると、北野プロデューサーが野木さんに書かないかと提案してきたのは、
恋愛や結婚をテーマにしたドラマだった。そこで野木さんははっきり言った。「そういうの、興味ない」
https://www.asahi.com/articles/ASLBK5GM4LBKUCVL00Y.html

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →

【パヨク速報】沖縄の玉城デニー知事「私は保守中道」 自民党「えっ?」

1 ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US]2018/10/23(火) 07:15:00.44ID:Mqd263XA0

22日の県議会一般質問で、玉城デニー知事が自らの政治的スタンスを「保守中道」と称していることに対し、自民党の県議から「保守という言葉を使わないでほしい」と反発する声が相次いだ。
玉城氏が保守を名乗りながら、現実には革新リベラル勢力に支えられている矛盾を突いた。

新垣新氏は「本当の保守は、歴史、伝統、文化を守り、国防をしっかり行う」と指摘。玉城氏が宮古島市、石垣市の市長選で自衛隊配備に反対した候補を支援したことに疑問を呈した。
照屋守之氏は「私は、知事は革新だと思っていた。ふだんの行動はすべて革新だ」と疑問視した。

座喜味一幸氏は「知事の支持団体は反基地、反安保、反自衛隊だ」と述べた上で、尖閣諸島問題について「こと領土領海、島を守ることは党派を超え、イデオロギーを超え、明確なメッセージを送らないといけない」と、陸自配備に慎重な知事の言動に苛立ちを示した。

玉城知事は「私自身は保守中道を自分の考え方だと信じ、日米安保、専守防衛としての自衛隊を憲法の範囲内で認めている」と応じ、自らの立ち位置として、改めて「保守中道」をアピールした。

「保守名乗らないで」 玉城知事に自民反発 県議会一般質問

 

↓1日1クリックの応援よろしくお願い致します!

保守ランキング

続きを読む →