【天皇陛下 謝罪発言】河野外相「抗議した」→韓国政府「聞いてない」→外務省「言った。聞こえなかったことにしたいのだろう」 ・・・ 「では、録音の証拠だそう→ 日本の捏造だ!= レーダー照射と同じループ 」… もう会うな、話すな、断交だろ

1: ばーど ★ 2019/02/17(日) 09:26:20.57 ID:cURQtCfs9

■外務省「憂慮、きちんと伝えた」…韓国議長発言

河野外相が日韓外相会談で韓国国会議長の発言に抗議した事実はないと韓国側が説明していることについて、外務省幹部は16日、「憂慮していることをきちんと伝えた。聞こえなかったことにしたいのだろう」と述べ、韓国側の主張を否定した。

日本側の説明によると、河野氏は会談で、議長発言は「不適切で遺憾」とする日本の立場を改めて伝達。韓国の康京和カンギョンファ外相から特に回答はなかったという。【読売新聞 2019/2/17】

※一部補足※




 

続きを読む →

【韓国】 文大統領 権力機関の改革強調 「日帝時代の影から脱するべき」 ・・・  日本も影を消したいから、在日を連れて帰れ … 「 マジで民主主義捨てそうだな… 」 

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/02/15(金) 14:35:28.38 ID:CAP_USER

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、青瓦台(大統領府)で主宰した国家情報院・検察・警察改革戦略会議で、 「今年を、日帝時代(日本による植民地時代)を経てゆがめられた権力機関の影から完全に脱する元年とすべきだ」と述べ、 権力機関の改革に強い意欲を示した。

情報機関の国家情報院と検察、警察は「ひとえに国民のための機関として生まれ変わる覚悟が必要だ」と指摘した。

文大統領は、日本による植民地時代には「検事と警察は強圧的な統治を支える機関だった」とし、 「朝鮮総督によって任命された検事は上官の命令に服従することになっており、警察も義兵と独立軍を討伐し、 独立運動家を弾圧し、国民の思想を監視、統制していた」と説明した。

今年が植民地時代に起きた独立運動「三・一運動」と大韓民国臨時政府樹立から100年になることに触れながら、 「国民の上に君臨し、政権の利益のために奉仕する権力機関こそ、先祖たちが打破しようとしたものだ」と強調した。 【YONHAP News  2019/2/16】

※一部補足※




続きを読む →

【北朝鮮】瀬取り対策 河野外相 が日米英仏加で協力 ミュンヘン安全保障会議で ・・・ 「 韓国は? →監視される役を担ってますw」 「今後はこの包囲網で言い逃れはできんぞ、南朝鮮」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/16(土) 16:44:36.81 ID:CAP_USER

■北朝鮮 瀬取り対策 河野外相 が日米英仏加で協力

河野太郎外相は15日午後(日本時間同日深夜)、ミュンヘン安全保障会議の防衛協力に関するパネルディスカッションに出席した。好事例として北朝鮮が海上で違法に積み荷を移し替える「瀬取り」の対策で日米やカナダ、英仏などが協力していることを挙げた。「我々が推進していけるものだ」と継続を訴えた。

防衛協力の負担のあり方を巡っては「米国がもう『世界の警察』でいられないのであれば日本や欧州、その他の志を同じくする国が負担を増やす必要がある」と述べた。【日本経済新聞 2019/2/16 10:23】(画像提供:外務省)

※一部補足※




続きを読む →

【速報】北朝鮮 拉致被害者 田中実さん生存、平壌で妻子と生活 ・・・ 「生きてくれててホント良かった」… ただ、なぜこのタイミング? 「トランプと金の交渉カードに使われる気がする… 」

1: サザンカ ★ 2019/02/15(金) 18:19:47.02 ID:PCTVD1bW9

■拉致被害者田中さん、平壌で妻子と生活拉致被害者田中さん、平壌で妻子と生活

北朝鮮が日本との接触で、拉致被害者に認定している田中実さんが北朝鮮の平壌で結婚し妻子と暮らしていると伝えてきたことが15日、分かった。
日本政府関係者が明かした。拉致の可能性を排除できない金田龍光さんにも妻子がいると伝達。【共同通信 2019/2/15(金) 18:03】

※一部補足※




続きを読む →

【韓国】新日鉄住金の資産売却と現金化の手続きを始めると宣言  本社面談拒否で韓国の元徴用工側 ・・・ さぁ、対抗措置発動だな… 輸出信用状の発行禁止 あたりからいくか? 「在日は荷物まとめとけ」

1: 荒波φ ★ 2019/02/15(金) 18:06:05.40 ID:CAP_USER

■新日鉄住金の資産売却を宣言 面談拒否で韓国の元徴用工側

韓国で新日鉄住金に賠償を命じる判決が確定した元徴用工訴訟の原告側代理人弁護士らは15日、賠償協議のために訪れた東京都千代田区の本社で面会を断られたとして、既に差し押さえている韓国内の同社資産の売却と現金化の手続きを始めると宣言した。帰国次第、手続きに入るという。

代理人の林宰成弁護士らが15日午後、新日鉄住金の本社受付で「お会いできない」と伝えられたため、「売却命令を申請する」などとして協議に応じるよう引き続き求める要請書を預けた。その後、本社前で「昨年から3回訪れたが、担当者の顔さえ見られず残念。これ以上待つわけにいかず、売却手続きに入る」と述べた。【東京新聞 2019年2月15日 17時16分 】

※一部補足※

※画像:面会を断られた新日鉄住金本社前で、韓国内の同社資産の売却と現金化の手続きを始めると宣言する林宰成弁護士(中央)ら=15日午後、東京都千代田区




続きを読む →